« 【お知らせ】空気の綺麗な季節です。星空もいいけど、朝陽と夕陽もおススメです。 | トップページ | 【ツアレポ】12/12昼ツアー午前は、やっぱりウミガメに会いたくて・・・愛知の山ガール、シュノーケルに初挑戦! »

2016年12月12日 (月)

【ツアレポ】12/11昼ツアーは、愛知の山ガールが西表島ジャングル一人旅!

 ご覧の皆さん、こんばんは。

 昨日、実施した『西表島自然体感ネイチャーツアー昼コース』をレポートします。

 参加したのは、愛知県からお越しのHさん。西表島は初めてのお越しで、日ごろは登山やスノボーを楽しむアクティブ女子とのこと。

 今回は、西表島のジャングルをのんびり体感し、奥の滝を訪ねたくてということでご参加されました。

 行き先は、山歩きが経験豊富だということと、天候が朝から良かったことから、『ユツンの三段滝&マヤロックの滝』コースとしました。

 棘のある葉っぱを持つアダンの森、想像を裏切る透明なジャングルの川、ジャックと豆の気を連想させる太いツルのモダマ、幹から直接実を付けるギランイヌビワ、巻き付いて絞め殺す絞め殺し植物のアコウ、木に寄生して生きるオオタニワタリ、ハワイやグアムでよく目にするモンステラに似て葉っぱに割れ目の入るハブカズラなど、初めて見る植物たちに興味津々。また、木に上るキノボリトカゲ、この時期にカエルの卵やおたまじゃくし、ゲンゴロウに、テナガエビ、黄色い縞々模様で足がいっぱいあるヤスデなど、生き物たちも観察。川か滝か分からないような水の流れる場所、巨大なコケ玉のような岩、自然が作り出したポットホールや巨大なポットホールの滝、またポットホール集まって作った巨大なダムなど、おもしろいかつ不思議な自然を堪能しながら、ユツンの三段滝の滝下に到着。その大きさに圧倒されつつ、心身ともに癒されながら、無心の時間が流れました。

 少々の休憩後、滝上を目指して再度スタート。険しい山道を登りきり、ふと後ろを振り返ると標高250mからの絶景。空と海を避ける1本の水平線、青色のグラデーションの海、緑のジャングルの森、沖縄の中でもなかなか見ることの出来ない絶景!ユツンの三段滝の滝上に移動し、特等席の岩の上でしばし景色に見とれ、「贅沢な時間」と一言。

 沖縄おにぎり(ポークたまご)が食べると、景色がスパイスとなり、最高に美味しかったとのこと。

 その場所には、この日誰も来ることがなかったた滞在時間の最後まで特等席を独り占めし景色を見ことが出来ました。日ごろは、仕事中怖い顔?をしてしごとをしているとのこと、この日は終始笑顔で癒されていたみたいです。

 帰り道は、本流から支流の上流にある『マヤロックの滝』へ。趣の違い滝で、滝つぼがあることから滝に打たれたり、飛び込んだり、滝壺に潜ったりして遊べることを伝えると、「また、暖かい時期に来たい」とのことでした。

 ジャングルを抜け車にたどり着くと少々時間があったので、場所を変えて私流のマングローブ植物の解説や理解の仕方で楽しんでいただきました。

 そして、じゃらんnetにおける当宿の紹介ページで使用している画像と同じ写真を撮影し、ツアーを終了しました。この写真をHさんに大変気に入ってもらいました。201612111


201612112


201612113


201612114


201612115


201612116


201612117


201612118


201612119


2016121110


2016121111

 

« 【お知らせ】空気の綺麗な季節です。星空もいいけど、朝陽と夕陽もおススメです。 | トップページ | 【ツアレポ】12/12昼ツアー午前は、やっぱりウミガメに会いたくて・・・愛知の山ガール、シュノーケルに初挑戦! »

お知らせ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2028464/68816976

この記事へのトラックバック一覧です: 【ツアレポ】12/11昼ツアーは、愛知の山ガールが西表島ジャングル一人旅!:

« 【お知らせ】空気の綺麗な季節です。星空もいいけど、朝陽と夕陽もおススメです。 | トップページ | 【ツアレポ】12/12昼ツアー午前は、やっぱりウミガメに会いたくて・・・愛知の山ガール、シュノーケルに初挑戦! »