フォト
無料ブログはココログ
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ★本日(6/1)の西表島大原エリアのお天気と島時間★ | トップページ | ★本日(6/2)の西表島大原エリアのお天気と島時間★ »

2016年6月 1日 (水)

【ツアレポ】5/30夜ツアーは、生き物だらけ。初めての西表島に大感動の女子一人旅!

 ご覧の皆さん、こんばんは。

 5月30日の『夜の西表島自然体感ネイチャーツアー』を報告します。

 この日の参加者は、ずっと西表島に来たかった大阪からお越しのMさん女性1名。

  島時間を出発しようとしたら、まずフルーツバッドこと“ヤエヤマオオコウモリ”が大きなはばたき音を立てながら2匹で旋回。求愛活動なのか、島時間玄関前の電線に留まったり飛んだりを繰り返しており、Mさんは大きなコウモリとマジかに見えることに驚いていました。

 出発し車を走らせている途中、小さめですが“ヤシガニ”を発見!近づいて観察していたら、対向車が停止。降りてきたのはアメリカ人ファミリー4人。星を見に来たとのことでしたが、“ヤシガニ”に出会え興奮していました。

 続いて車を走らせていると“ヤシガニ”、“ベンケイガニ”などと出会い、終点に。

 森の中に、ぽっかり空いた空には無数の星が・・・。Mさんは、「凄い!大阪ではこんな見えない・・・」と、星に見とれていましたが、私は「星は後ほど」と伝え、真っ暗なジャングルを歩き始めました。Mさんは、恐々しながら、「何か光ってる!それもたくさん光ってる!」といいました。無数のマドボタルの幼虫たちが光っている様子を、歩きながら不思議そうに見ていました。画像で紹介できないのが、残念です。

 ジャングルを抜けーチに出ると、静まり返った海に波照間島の明かりが見えるとともに、空には無数の星があり、驚いていました。普段知っている、北斗七星やさそり座を探すのが星が多すぎて意外と難しそうでした。

 懐中電灯の灯りをつけ、砂浜に目を向けると、何やら走り回り生き物たちを無数に発見!こちらに驚いて、固まっている生き物を発見!よく見ると目の黒いカニ。甲羅の横に指を持っていくと簡単に掴むことができ、「カニをつかめるのは、初めて!」と喜んでいました。「意外と簡単だ!でもヤシガニを掴むのは、やはり怖い・・・」と・・・。

 真っ暗なジャングルを歩いて、ビーチに行きますが、懐中電灯をつけず真っ暗なジャングルを歩いていると周辺に無数の光を発見。

 続いて、夜の干潟へ移動。ナマコ、カニ、フグ、ミナミトビハゼ、ハゼ、貝の赤ちゃんなど、次から次に生き物を確認し、「実は、ここは大きなオカヤドカリが集団で澄んでいる場所です」とご案内。サザエをお家にしている大型のオカヤドカリを無数に発見。「かわいい!」の連発。続いて、大型の陸ガニ“ミナミオカガニ”を発見!Mさん曰く「大きいのは、怖くてつかめない」とのこと。

 またいろいろ探していると、岩の下に“大きなノコギリガザミ”を発見!「大きい!」と・・・。今シーズン、自然の中で見たもので一番大きいでしたが、片爪で可哀想でした。観察だけして、そっとしてあげました。

 あっという間の90分で、Mさんは驚き楽しんでいました。

 そして先ほど、「今日(6/1)も夜のツアーに行きたい」とご予約いただきました。20160530


20160530_2


201605306


20160530_3


20160530_4


20160530_5


20160530_9





20160530_7


20160530_8

« ★本日(6/1)の西表島大原エリアのお天気と島時間★ | トップページ | ★本日(6/2)の西表島大原エリアのお天気と島時間★ »

お知らせ」カテゴリの記事

トラックバック

« ★本日(6/1)の西表島大原エリアのお天気と島時間★ | トップページ | ★本日(6/2)の西表島大原エリアのお天気と島時間★ »